iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

少しでも画面にヒビが入ってしまった時は交換をお勧めします。

2019/06/07

皆さんこんにちは(´・Д・)」

iPhone修理屋、I.C.C倉敷店のスタッフNです。٩( ᐛ )و

 

今日は、画面が少しだけ割れてしまったが普通に使えるので割れたまま使うかどうか悩んでる方にアドバイスをしたいと思います。

結果から言いますと直した方がよろしいかと、、、理由は、、、

 

(1)怪我の原因になる

iPhoneのガラスが割れた場合、表面に細かなガラスの破片が大量に付着することが多いです。
そのため、ひび割れた箇所が鋭い角になっている為、素手で操作すると指に破片が刺さってしまったり、手に切り傷を負う危険があります。ガラスの破片は非常に細かく鋭い為、皮膚の中に入って抜けなくなるとぞっとするような痛みと共に過ごすことになります

 

(2)新たな故障、二次被害に繋がる

iPhoneのガラスが大きく割れた場合、破片が剥がれて中身が見える程の故障もあり得ます。
そんな酷い状態の際によくあるケースが、防水・防塵機能が備わった近頃のiPhoneであっても、目で見てわかるほどの隙間があれば当然水滴や粉塵の侵入を許してしまい故障してしまいます。

水分や埃は精密機器の大敵なのでご注意を_:(´ཀ`」 ∠):


 

(3)画面が映らず操作不能になる

普段、iPhoneを使用していて意識することは少ないと思いますが、iPhoneの画面はガラス・液晶・タッチパネルが一体となった部品なります。
液晶が一体となっている為、ガラス割れの物理的な故障が原因で液晶が映らない、表示不良が引き起こされるのは非常によくあることです。
液晶不良ということは、タッチパネルの動作がきかず、操作不能になります。

(4)ゴーストタッチ

こちらは前述の通り、iPhoneはガラス・液晶・タッチパネルが一体となっているため、ガラス割れの故障はタッチ操作の機能にも影響を及ぼすことがあります。

「(3)」でご紹介した画面を触っても操作できないというだけなら、液晶交換の対応でなおることも多いのですが、、、

厄介なのはガラス割れから「ゴーストタッッチ」に繋がった場合です。

 

ゴーストタッッチとは、タッチパネルの故障によりiPhoneに触れていないのにも関わらず画面が勝手に操作される状態になります。

 

パスコードロックをかけている場合、誤って複数回入力することで「iPhoneは使用できません」という画面が表示され、データを取り出すことができなくなります。

ゴーストタチのせいでパスコードを誤入力されてしまい、データがなくなってしまったということも多々、、、
以上のようなリスクがあることから、iPhoneのガラスが割れたらすぐに修理した方が良いことはご理解頂けたかと思います。

 

修理をお考えの方や不具合に困ってる事があれば当店までご来店下さい!!!

では\(゜ロ\)(/ロ゜)/

店舗名        iPhone(アイフォン)修理のI.C.C 岡山倉敷店
郵便番号    〒710-0061
住所            岡山県倉敷市浜ノ茶屋233
電話番号     070-5521-6010

倉敷インターから5分、『くら寿司』さんの隣です。

お間違えないようよろしくお願いします_:(´ཀ`」 ∠):

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP